ココナラの商品ページで絶対に入れるべき3つの要素

よしきです。

今回は、ココナラの商品ページについて話そうと思います。

と言うのも、僕のお客さんの中でも
ココナラの商品ページについての質問が多いんですよね。

結構、商品が売れなくて悩んでる人が多いのかと思いました。

なので、この3つを押さえておけば
商品は飛ぶように売れるし、安定的に売上をあげることができます。

 

と言うことで、お話ししていきますね。

 

まず、結論から話すと、
商品ページはこの3つの要素を入れましょう、それが

❶おすすめな人

❷再現性

❸実績

を明確にすると言うことです。

 

順番に話していきます。

 

目次

❶おすすめな人

商品ページには、おすすめな人を入れましょう。

「こういう悩みを持っている人は、この商品はおすすめです。」

と明確にすることです。

この項目があることで、
ページを見に来た人が、

「これは自分に必要なものだ!」

と思わせないといけないです。

 

例えば、ビジネス系の商品であれば

「この商品は、まだお金を稼いだことがない人におすすめです!」

「月に10万円のお金を稼ぎたい人におすすめです」

とかですね。

具体的な事例を出しましょう。

たった一人に刺しにいくイメージです。

「一人だったら、あんまり購入されないんじゃないか?」

と思われるかもですが、そんなことはありません。
一人が悩んでると言うことは、より多くの人が悩んでいます。

一個の顕在化した悩みには、その後ろに1000人の人悩んでると思いましょう。

 

商品リサーチにも言えるのですが、
たった一人を刺す商品が実は、一番売れるし売上が上がります。

❷再現性

次に再現性です。

再現性とは、誰でもできると言うことです。

例え、どれだけ

「稼げます!ビジネスをしましょう!」

って言われたとしても
「あなただからできたんでしょ」

 

と思われてしまえば、商品は売れません。

 

当然ですよね。

 

「プロ野球選手は才能の世界です。
誰でもなれるわけではありません。
この商品を買ってもプロにはなれませんが
買いませんか?」

 

って言ったとしても売れるわけないですよねw

 

自分だから成功した、
と言う再現性のなさを主張してしまうと売れません。

なので、
「私も全く稼げなかったけど、このノウハウを知って稼げるようになりました、あなたでもできます」

と言わないといけないんです。

これが再現性です。

売れるレターとかを分析していけばわかるんですが
この再現性をめちゃくちゃ使っています。

年収億稼ぐひとが
「この商品を買えば、僕と同じように稼ぐのは簡単です」

とか言われると、「ほんとかな?」
って思いながらでも興味持ちますよね。

これが再現性の力です。

別に億稼いでなくてもこれは使えます。

月1万円稼ぐ副業術でも、
お小遣いが少ないサラリーマンからすれば
喉から手が出るほど欲しいものだったりするんです。

 

商品ページでは、この誰でもできる。ということを意識しましょう。

 

❸実績

これは、自分の実績でもいいですし
クライアント(お客さん)の実績でも構いません。

ようは、これだけの成功事例があります。

と伝えると説得力が増します。

お客さんが、月に10万円稼いでいたら
私でも稼げるかも!

て思いますよね。

このように、実績は高い効果を発揮します。

 

ですが、こんなことを言うと、

「自分には実績なんてない・・・」

と思っている人もいます。

でも、実際そんな人はいません。
ポジショントークではなく、本当にそう思っています。

 

実績というのは、
お金を稼いだ実績じゃなくてもいいんです。

 

例えば、
「マーケティングの本を10冊読んだ僕が、マーケティングにおいて重要なことをまとめたPDFを販売します」

これも実績です。

これでも全然売れるんですよね。

 

そして、その商品が売れたら、稼いだ実績になります。

 

こんな感じで、実績というのは
小さくてもいいから、とにかくなんでもいいから積み上げていくことなんですよね。

どれだけすごいビジネスマンでもみんな最初はゼロです。

なので、小さな実績を積み上げていきましょう。

 

まとめ

 

ということで、商品ページに

おすすめの人、再現性、実績の
3つの要素を入れたら
見違えるように商品が売れていきます。

現状売れてない人は、この3つが揃ってない可能性が高いのでぜひ入れてみてください。

 

では、ありがとうございました。

 

 

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次