1日10アクセスで稼ぐ方法がわかる限定プレゼントを受け取る!

宝くじは国家が行なっている合法的詐欺である

こんにちは、よしきです。

 

大阪駅を出たところを何気なく歩いていると
長蛇の列がありました。

※画像はイメージです

年末だったからか、宝くじを買うために
たくさんの人で溢れています。

 

大阪梅田の第二ビルでは
宝くじが当たりやすいと言うことで
たくさんの人が群がっています。

クソ寒いなか大変だなぁ。と思います。

僕は宝くじもそうですが
競馬、パチンコ、競艇などの
ギャンブルは全くやりません。

 

過去に経験はありますが
面白くなくてやめました。

フィリピンに行った時に
カジノでルーレットで遊んだことはあります。

 

常習的には絶対行きません。

ってかそんなことに時間を使うなら
本を読んだり、ビジネスしたり
友達や恋人と遊んでる方が楽しいです。

だいたいのギャンブルは胴元が勝つようにできています。

 

だから好きじゃないというのもありますね。

でも
ギャンブルは絶対に損するからやりません!

って言う人でも宝くじはやる人多くないですか?

 

僕も実家に帰ったら
親が今年こそは当たるかも!とか言って

何千円かの宝くじを買って
神棚に飾っています。

 

親は普段全くギャンブルをしません。

そこでツッコミを入れたら
「宝くじはギャンブルではない
夢を買ってるねん」

と意味のわからないことを供述しています(笑)

 

ちなみに、宝くじの期待値って知っていますか?

期待値っていうのは
1万円入れたら、1万円出てくるのであれば
期待値は100%です。

要はこの期待値が下にいけばいくぶん
損をします。

 

だから必ず期待値は100%以上で勝負しないと
いつかは負けてしまいます。

宝くじの期待値は45%
です。

つまり1万円分、宝くじが買ったとしたら
4500円になって戻ってくるということです。

 

せっせと自分のお金を減らすために

そのために何時間もかけて並ぶわけです。

 

でも宝くじの仕組み的には素晴らしいと思います。

 

日本人のファイナンシャルリテラシーの低さを
上手く利用してます。

だからこそ、毎年サマージャンボや

年末ジャンボを買うために行列ができているわけです。

あと、キャリーオーバーとか言って、
毎年1等の当選額が上がったりするじゃないですか?

あれって当選本数が増やして
た購入意欲を煽るためにあります。

キャリーオーバーとか
1等当選額や本数が増えるのは
それだけ宝くじに当選してないってことですよ(笑)

キャリーオーバーされてるのは
当選者が少ないからなので

なぜか自分は当たると思い込んでるんですよね。

 

宝くじで夢を叶えましょう!

って言ってますが
購入者の99.9999999%の人は
夢を叶えてないのに、何を言ってんだってギャグかと思うレベルです。

あの300円の紙切れの原価1円くらいだと思います。

期待値は45%なので

宝くじが1枚売れるたびに
135円の利益ですよ。

ボロ儲けですよね。

 

まさに合法的詐欺ビジネスです(笑)

でも宝くじのイメージっていいですよね。

 

でも他のギャンブルの期待値って知ってますか?

競馬は75%

パチンコは96%

カジノのバカラは98%

です。

一番イメージいいのに
一番儲からないんです(笑)

 

ギャンブルで稼ぐことを考えるなら
開店前のパチンコ屋に並んでいる人の方がまだマシです

本当にずるいビジネスモデルですよ。

でもこの宝くじというビジネスは無くならないんですよ

なぜだかわかりますか?

あのお金は

みずほ銀行の手数料や
財務省の役人の金になり、
国の歳入になって、
国庫に入って返ってきません。

銀行のお偉いさん
国のお偉いさんの大切な収入源なんですよね。

 

だから無くなりません。

ニュースで
カジノを日本に導入したら
国が潰れる!

 

って主張してる人もいますが
それなら宝くじ廃止しろよって僕は思います。

 

世の中こうした矛盾が発生してます。
実際は矛盾ではなく、
上層部が潤うように巧妙に仕組まれているんですよね。

 

こうした宝くじのような話は一例に過ぎません。

 

僕たちは金融リテラシーを高めていかないと
こうして日常的に搾取され続けます。

だからこそもっとお金について勉強しようよってことですね。

 

僕のメルマガならお金について学べますし
金融リテラシーもあがります。

 

無料なので、登録しておいてくださいね
メルマガはこちら

コツコツブログ記事を書く生活は終わりにしませんか?たった1記事でも収益化する方法がわかるメルマガ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

error: Content is protected !!